バイク廃車処分

バイクを廃車処分するには

バイクを廃車処分する方法は原付や軽二輪、小型自動二輪などバイクの種類によって異なりますから、まずは自車の種類を確認してから廃車処分の準備に取り掛かりましょう。また、登録を抹消する方法も他人に権利を譲る際に行う「一次的な抹消」と、スクラップなどにする際に行う「永久的な抹消」の二つの方法があり、どちらかから選択して抹消登録を行います。

 

「50cc〜125cc以下の原付」の場合、事前に外しておいたナンバープレートと所有者の印鑑(認印)、標識交付証明書を事前に用意しておきます。そして、それらを地元の市区町村の役所まで持っていて手続きを行います。標識交付証明書についてはバイクのナンバー取得時にもらう書類です。そして、役所で廃車申告書に記入を行い、ナンバープレートやその他の書類と共に提出して完了となります。手続きに関しての税金や費用は無料となっています。また、書類のみで全ての手続きを完了させることができます。

 

次に、「126cc〜250ccの軽二輪」について説明します。軽二輪の手続きに必要なものとしては、ナンバープレート、印鑑(認印)、ナンバー交付時にもらう軽自動車届出済証を持って管轄の陸運局に向かいます。軽自動車届出済証返納届や軽自動車届出済証返納証明書交付請求書など、その他の必要な書類は陸運局で手続き時に購入し、記入を行って提出します。ちなみに軽自動車届出済証返納届は一次的な抹消時に必要とされる書類で、スクラップなどの永久的な抹消を行う際には必要ありません。また、手続き時にもし、引越しをしていた場合は住民票も事前に用意しておく必要があります。代理手続きに関しては委任状などを用意せずに代行してもらうことが可能です。

 

最後に、「251cc以上の小型自動二輪車」について説明します。事前に用意しておくものとしてはナンバープレート、印鑑(認印)、車検証などを用意しておく必要があります。それらを持って陸運局に行き、必要な書類を入手して手続きを行います。入手する書類は抹消登録申請書と350円分の検査登録印紙を貼り付けた手数料納付書、軽自動車税申告書です。軽自動車税申告書については手続き後の税金通知を防ぐ為のものです。そして、それらに定式通りに記入を行い陸運局に提出します。手続きを代理を立てて行う場合は別途の委任状が必要となります。また、手続き完了後にもらう自動車検査証返納証明書は再登録時に必要となる書類ですので、大切に保管しておきましょう。

 

なお、これらの手続き完了時に自賠責保険の期限がまだ有効な場合は保険会社から残りの期限に応じた保険料が返還されますので、忘れないように注意して下さい。