原付廃車処分

原付を廃車処分するには

不用になった原付バイクを廃車にしたい場合、現物バイクの処分のほかに、市町村の役所での廃車手続きが必要で、さらに自賠責保険の解約の手続きをすることで残存期間の保険料の払い戻しを受けることもできます。

 

現物の処分は、バイクの買取業者またはリサイクルショップに電話をかけて引き取りを依頼します。原付バイクの状態によって買い取ってもらえるか、無料引き取りや有料引き取りになります。

 

バイクがまだ新しいもので傷も少ない場合は買い取ってもらえることもありますが、相当の期間が経って古くなっているものは、無料引き取りがせいぜいです。事故などでの破損がひどい状態であれば引き取ってもらえないか、有料引き取りになることもあります。使わなくなった原付バイクは邪魔になるだけですから、思い切って早めに処分することが大事です。

 

放置していると状態がますます悪くなっていき、引き取り手がなくて対処に困ることにもなりかねません。仮に無料引き取りであっても、場所を取るだけのものがなくなることで気分も爽快となり、気掛かりだったことも解消します。思い付いたが吉日ですからいつまでも放置せず、すぐにでも処分することを決断した方が良いでしょう。

 

役所での手続きや保険解約などは簡単で、なかなか決断しにくいのが現物のバイクの扱いです。これさえ決断できれば、あとはスムーズに進みます。

 

バイク買取業者やリサイクルショップへ電話することは、簡単なことなのにズルズルと先送りにしてしまいがちですが、それではいつまでも解決しないので思い付いた時に決断しましょう。

 

市町村の役所での手続きは、役所で廃車申告書をもらって必要事項を記入し押印して提出しますが、その際にナンバープレートを返却します。ナンバープレートは、バイクからモンキーレンチなどで簡単に取り外せますので、予め取り外しておきます。また、バイク購入時にもらった標識交付証明書も役所に提出する必要があるのですが、紛失していることも多いでしょうから、その場合にはその場で再交付の手続きを取ります。再交付の手続きでは、認印と免許証とが必要です。

 

役所での手続きが終了すれば、原付バイクの軽自動車税支払い義務から解除されます。手続きをしないままだと、いつまでも無駄な税金を払い続けなくてはならないので、必ず手続きをしておきます。

 

役所での手続きが完了すれば、保険代理店もしくは保険会社に事情を説明して、保険解約を通知します。

 

以上の3ステップで全て終了です。