廃車処分業者

できるだけ安く済ませたい!業者に廃車処分を依頼する時の費用

廃車処分を業者に依頼する場合、できるだけ費用は安く済ませたいと思うものです。

 

自分や家族が所有している車を廃車にする時に必要となるのが手続きとその実際の処理です。手続き自体は自分で行うこともできますが、忙しくてなかなかそのための時間が取れない人は業者に依頼して手続きの代行と車自体の処分を依頼することも多いでしょう。

 

しかしその依頼において、どのような業者を選ぶかで掛かる費用が大きく違ってくることを知っていますか。場合によっては数万円の差額が出てくる場合もありますので、依頼する先をよく検討し、できるだけ費用を掛けずに処理を依頼する方法を考えましょう。

 

そこでまず考えたいのが車を無料で廃車にするための方法です。そのための依頼先としては複数考えられますが、その中でもスクラップ工場などに自分で持ち込むという方法は車の処分と手続きの代行が無料になる可能性が高いところであると言えます。スクラップ工場では車を金属と考え、資源としての価値を見出してくれますから、手続き代行の代金をそれと相殺してこちらに費用の支払いを求めない場合が多いのです。

 

また、スクラップ工場と同じように車を部品の集まりとして考え、その価値を代行費用として無料で引き取ってくれる廃車専門の会社もたくさんあります。インターネットなどで検索すると多くの会社が見つかりますが、中には代行費用は無料だが、引き取りの費用が掛かるところもありますので注意して探すようにしましょう。

 

しかし、どうしても一定額の費用が掛かってしまうという車もあります。それは理由があって自力では走れない車です。例えば、故障や事故で物理的に走行が不可能な場合はレッカーなどでけん引するか、トラックなどに載せて動かす必要が出てきます。この場合はその移動にかかる重機の費用や人件費などが必要となってきますので、車の大きさや車種に応じた費用が発生してしまうことが多いでしょう。また、車自体は動くが車検切れなどで法的に公道を走ることができない車の場合も費用が掛かる場合が多いと言えます。この場合は移動の際に仮のナンバーを発行してもらって移動させるのでその手続きの費用などが請求されてしまうのです。

 

ただし、これらのどの場合であってもその処理に掛かる費用は業者によって異なります。ですので、いくつか候補を見つけたら電話やメールなどでしっかりと依頼内容と料金の確認をし、自分にとって最も有益になるところを見つけましょう。そして契約前におかしいと思ったら、依頼先を変えることも考慮に入れておけば、きっと最終的に満足のいく結果につながると思います。