廃車処分費用

車を廃車したい!でもどのくらいかかるの?気になる費用徹底解剖

自動車を廃車する時には、登録を抹消する手続き料やリサイクル料、また車を解体するための支払いなど様々な費用が発生します。それでは、実際に自動車を廃車するときには、総額でどのくらいの費用が掛かるのでしょうか。

 

まず内訳は車の引き取り、解体するときに支払う金額、抹消登録など書類関連の出費、そして自動車のリサイクル料金です。

 

自動車が事故や長期間の放置で自走できない場合、運ぶためにレッカーを呼ばなければなりません。そのためにかかる引き取り金額は、およそ1万〜2万円となります。ただし、これは引き取ってもらった場合なので、業者に自分で持ち込める場合には支払いは発生しません。

 

つづいて、解体にかかる金額です。業者が自動車を解体する場合には、鉄くずとして買取という形を取ることが多いので解体手数料はほとんどが買取料金と相殺されることになります。市場の相場によっては買取金額が上回る場合もあり、その場合は差額を受け取ることも可能です。

 

さらに廃車を行うにあたっては陸運局に登録抹消の申請をし、手続きを行わなくてはなりません。その書類作成にかかる費用ですが、個人で書類作成も提出も行う場合は抹消登録代金の350円程度で行うことができます。しかし、この書類は訂正ができない書類なども含まれているので、行政書士に代書を依頼した方が確実に申請を行うことができます。代書を依頼するときにかかる金額は、およそ2,000円程度です。ちなみに、申請手続きもすべて任せてしまう場合には約10,000円程度かかります。

 

さいごに、自動車リサイクル料金についてです。これは2005年に施工された法によって定められた金額になります。リサイクル料金は軽自動車や乗用車、海外車など車両によって異なりますが、約8,000円〜15,000円程度が相場で、大型乗用車になっても20,000円程度です。リサイクル料金は、通常は購入した時に支払われているので追加の支払いは発生しないことがほとんどです。中古車などでも前の持ち主が払ったリサイクル料が引き継がれています。

 

このように、自動車を処分する時には様々な項目の出費が発生します。どの業者に頼むか、どんな車両なのか等によって料金は変動しますが、自動車を自分で解体業者に持ち込み、書類の作成・提出も全て自身で行う場合には約2,000〜3,000円、自動車業者に依頼してすべて行ってもらう場合には10,000円〜30,000円程度かかると考えましょう。